移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この前書いたときもの凄く不評だった俺の「日本経済特集」(笑)こりずに又書きます。サラサラっと書いては見たものの結構過激な文に仕上がってしまったので公開するのに相当の勇気が要ったよ…。

現在の日本経済については以前の日記で書いた。今もその考えは変わっていない。確実に日本経済は崩壊し、大恐慌時代がやってくるだろう。ここでは詳しくは書けないが、現在偉い学者さん達によって次々に信頼性が証明されてきている。残念ながら日本にもう神風は吹かない…。
しかし、俺たちは日本が崩壊するのをこのまま手を拱いて見ていることしかできないのだろうか?実はそうではない。ここで武器になるのが専門職なのである。どういう事かというと、先行き不安の現状況では企業としても多大な経営投資は出来るだけ避けたい状況だ。(まあ楽天とかライブドアとか金使いまくっている例外企業もあるが)生産、営業、企画までを一つの会社で持つの確かに便利だが、もうそれだけの体力のある企業は少数だろう。つまり今後は企業の解体が進むと予想される。予算のかかる企画、研究開発等は派遣会社に任せ、自社には置かない。生産は当然行うが、多くても80%まで。それ以外は外注委託する。営業に至っては成績の良い社員だけ残し、後は派遣社員で対応する。そして成績の良い派遣社員をそのまま採用すれば、リスク無くエリート育成が可能。などなど…

読めばわかると思うが、もうその道のトップでないと生き残れない時代がやってくる。「生産、営業、企画まで私はこなせます!!」タイプの社員はもう古いのだ。これからは職人が日の目を浴びるはず。つまり、21世紀は個性ある者が台頭する。これまでは「出る杭打たれる」だった社会が出る杭を重宝するというわけだ。これが良い時代なのかどうか?と言われてもわからないが、とにかく一つのことでも良いから人に自慢できるくらいの能力をつけないと駄目だろう。免許とか資格とかそういう問題ではない。己自身の力で証明する。

この辺はバーチャファイターも通じる部分がある。重要なのは段位やリングネームではない。相手に勝つことでもない。誰もができない自分だけの動き、戦略を練る事がこれからの時代を生き抜く糧となっていくはずである。その上で勝利を得れれば言うこと無いだろう。昨日闘劇のビデオを見たが、ストーリートファイターXだろうが、鉄拳だろうが、CAPCON vs SNKだろうがトップレベルのプレイヤーの動きは美しい。見ていてホント感動する。特に2Dの神と呼ばれる梅原氏のプレイが目に止まった。確かに強い。だが梅原氏の凄さはそんなことじゃない。なんと彼は体力1ドットにも関わらず3手くらい先を読んだ罠を至る所で罠を張っている。わかりやすく言うと波動拳を執拗に垂直ジャンプで避けたりしながら、相手の目を垂直ジャンプに慣れさせる。そして突然垂直ジャンプ中に空中竜巻旋風脚!!相手はタイミングをずらされ下段キックの反応が少し遅れる。そこに真空波動拳を打ち込む!という悶絶の試合内容。やはり職人のプレイは美しい。全国の大舞台でこんな危ないことができるとは…。体力1ドットなのに…。失敗したらアンタ死ぬのよ…

 普通ではあり得ない。こんな精神力どんなに努力しても持てるものではない。対戦ゲームのトップレベルの戦いの中で磨かれたまさに「職人の精神」なのではないだろうか?


それを得たわけでもないのにバーチャ引退する!!なんて偉そうに言われると非常に腹が立つ。
これからも続けていく者もいるんだから。もう少しバーチャに感謝して欲しいものだ。楽しむだけでゲームをするからそういう軟派なことが簡単に言えるのか…。自分とバーチャの先に高い志と目的を持ってこそ次に繋がるではないのか?。将来を考えても…もう残された時間は少ない。俺はこんな時代だからこそ時間のある限り戦いの場へ赴き、精神を磨きたいと考えている
スポンサーサイト
2004.12.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/74-ab5cdf88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。