移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最高の作品を発見した。人生の中でこのfrashを見れた人は運が良いと思う。

見るに当たって注意事項が3つ

①絶対飲み物は床に置け。必ず吹き出す。
②最近ゲームを始めた人は意味がわからないから見ない方が良い。
③食事中に見ないこと。熱中しすぎてみそ汁が冷める。

これだけ。まあとりあえず見ると良い。farshプレイヤーは必須だから、ダウンロードしとくように。
sikamoko様作品
ファイナルファンタジー4


ファイナルファンタジー5

どうでしたか?ヤバイでしょう。そりゃそうだ。俺なんてさっきから腹痛くて困っているほどだ。考えてみるとソニーがゲーム業界トップが当たり前になってるけど、昔はファミコンが王者で、PCエンジン、メガドライブがその牙城を崩そうと必死になっていた。性能面はPCエンジンとメガドライブが明らかに上だったこともあり、そのうちファミコンに勝てそうかな?と思ったら、ファイナルファンタジー3、ドラクエ3という化け物ソフトが発売されて、視界から消される。しかし時も経ってそろそろファミコンの性能にみんな不満になってきた頃にスーパーファミコンが登場して、ファイナルファンタジー4とスーパーマリオワールド、ドラクエ5に全部持って行かれた。この時ばかりは他のハードの入り込むわずかな隙間すらなかったと言える。まさに絶妙な駆け引き。唯一検討したのがPCエンジンの「天外魔境2」だろう。正直ドラクエ、ファイナルファンタジーを凌駕するほどの名作だった。しかしそれを遊ぶハードが売れていないため話題にはなっても販売が追いつかなかった…。つまり何があろうと任天堂の一人勝ちだったわけ。

しかしその最強の任天堂も、スーパーファミコンの次の時代の読みを誤り、ロムカートリッジを採用したせいとスーパーマリオRPGをスクウェアと共同開発した時の「いざこざ」が原因でファイナルファンタジー7がプレイステーションに移ってしまい、ドラクエ7さえもプレイステーションで発売予定と発表された。この時に誰もが時代の終焉を感じたはず。満を持して放ったN64、ゲームキューブも、プレステ2がプレイステーションソフトと互換があるためユーザーは安心してプレステ2移ってしまう。不思議なものであれだけ猛威奮った任天堂は現在ゲームボーイでしかソニーに対抗できていない。しかし振り返ってみると結局なんだかんだ言って「ファイナルファンタジー」と「ドラクエ」がゲーム業界の鍵となっているのがわかる。この二つさえあれば絶対に牙城はゆるがないと言える。ネットワークゲーム業界はそうでもないみたいだが。(ウルティマオンラインとかリネージュとかは凄いらしい)

一方バーチャファイターの生みの親我らがセガはというと…。メガドライブは失敗…。セガサターンはバーチャ専用機と罵られ、(個人的には「ナイツ」が好きだったが…)
ドリームキャストは湯川専務と共に所在不明…今何処に(笑)?哀れドラクエ、ファイナルファンタジーへの片思いは結局叶うことはなかった(笑)応援してるから。バーチャでがんばってくれ。セガ。5をネットワーク対応で家庭用で出せば天下取れるかも?
そういう微妙な状況をとらえたのが上の2作品。素晴らしいね。ちなみにフラッシュに出てくるディオとは3DOの事。パナソニックのゲーム機です。話題になった作品はストリートファイター2Xのみ。まったく売れなくて即ワゴンセール行きだった(笑)そこらへんをギルガメッシュに例えたセンスにも脱帽です。
スポンサーサイト
2004.12.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/71-5a3049d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。