移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
初めて行ったというか…。新宿のゲーセン。
バーチャ筐体が確か22台?しかも全部埋まっていて満員御礼。この人数はやばいだろう…。始めの内はあまりの人の多さに面食らってしまい乱入したくても気負ってできなかった。

実は新宿行く前に「魔人ヌキ」さんを発見し、ちょこっと対戦させて頂いた、結果は2勝10敗…。連コインさせてくれた周りの人に感謝とまぐれで負けても2回も乱入してくれた魔神さまにも感謝。魔人様相手でも百合折りは決まるが、その後の投げを打撃投げ抜けで回避して来られたのにはのは悶絶だった…。俺にどうしろと?(笑)。
念願だった神将三豪は3発ほど決めたけどね。クックック…。まあ抵抗といえる抵抗はそれだけ…。ハッキリ言って全然相手になっていない。やはりトッププレイヤーの次の行動は予測不能…。不利後の行動も暴れに打撃抜け、避けぬけ、ARE…と実に多彩。名前の通り強すぎでした。

しかし、こんな事は過去の出来事と化すほどの事件が発生。ついに悲願を果たした。周りに人が多すぎなので乱入は自粛していたんだけど、端っこの方の席がひっそりと空いてたから、すぐさま乱入(笑)。何戦目か忘れたけど、べネッサ10段との死闘の末ついに…ついに俺は強者昇格リーチとなった。

しかし…昇格前を前にしているというのに後ろの野次馬がやけにうるさい。まあ直接俺に言っているわけではないのだが、後ろでフレームがなんたらとか今のはありえないとか、とにかく気になる。俺のような田舎者はこういう状況に慣れていない…。

ギャラリー「あそこで三豪はありえないよね」  …ほっとけ!!気分だよ。(笑)
ギャラリー「ああ…そこで肘はもったいない」  …確かに膝なら大きかったけど…なんとなく出しちゃうんだよ(笑)。しょうがないだろうが!!
ギャラリー「ああ…今の隙見逃したよ」     …そんなに毎回最速反応できるか!!
ギャラリー「今のは抜けないと…」        …「ウッ!!」と固まっちゃったんだよ…。言うな…

べネッサが乱入してくるよりも後ろのギャラリーが乱入して欲しいと思ったほどの実況っぷりにはホント驚かされた。新宿とは恐ろしいところですね…。というよりこんな風に自分のプレイを後ろで実況されたのは初めてだからね。面食らいつつもべネッサ戦に集中。なにしろ強者がかかっている。

 幸いだったのは非常に堅実的なべネッサだったこと。攻めはそんなにきつくない。反撃でダメージを取るタイプ。しかし、肘でよろけさせた後と牛の尻餅後にかなりの確立できちんとイントルードを放ってくる。これにはかなり苦しめられた。回復時間も調整してくるので遅らせ打撃もなかなか狙えない…。しかし、それだけに次の行動を読みやすいスタイルではある。そういう意味も含めて肘を中心に戦うことに。とにかくよろけさせて、イントルードを待つ。それに加え水面払いの後に手堅くガード等でイントルード暴発を丁寧に投げて行った。カットアッパーを組み手払いで捌くことも忘れてはいない。後ろのギャラリーからは「待ちだ!!」とか言われたが、そんなことは関係なし。(というよりこれは「待ち」ではないだろう…。高度な読みと言ってほしい。)

そしてついに…

強者昇格!!

なんとまあ、あっさりと…。こんなんでいいのか?何か違う…。
考えてもみたが、今までどうしてもなれなかった憧れの緑の段位表示なのだ。もっとこう感動が欲しかった。できれば花が舞って欲しかった。(笑)。思い返せば苦節1年。これまでの思い出が走馬燈の如く蘇る。10段に上がった瞬間ラウに何度も踏みつけられ地獄へ落とされた日々。忍者の両手クロスなどというフザけた構えの前になすすべもなく這い蹲った日々…。そして、どう見ても牛と同じモーションなのに…空高く舞い上げられボコボコに…それでも勇気を持って突っ込んでいったアキラ戦。

「ゴウじゃ称号は無理だよ」←何度も言われた。それでも続けてきて良かった。

…しかし。物思いに耽れたのも約3秒だけ…。息つく暇もなく次の挑戦者が乱入してくる。しかも強者!!しかもラウ…。「おっおい!!それはないだろう。猛者とかで来てよ…しばらくこのままで居させてくれ…金争奪も欲しいのに…。まったく。これだから東京は…」

強者になったことで舞い上がりすっかり戦意を喪失していた俺は意味不明な神将三豪を連発(笑)。当然あっさりと敗北。当然連コインなどなし。すぐさまゲーセンを後にした(笑)。当たり前だ。せっかく強者になれたのに3分で降格するわけにはいかない。

「おっと。イカンイカン…。もうこんな時間か…。それにちょっと用事を思い出しちゃったかな…」

そう自分に嘘をつき、Bダッシュで逃走(笑)
しかし、外に出ると、どうだろう。なぜかわからないが、空からは雪が!!東京に雪…。強者のまま出てこれたから綺麗だと感じるが、もし、さっきの同段位戦をムキになってしていたら…・。いや…というより降格していたとしたら??
まさに浜田省吾「悲しみは雪のように」の歌ばりに俺はアクセスカードを投げ捨てていたに違いない。やはりあそこでやめるのはベストな判断だった…。
東京に出張してきて良かったです。
スポンサーサイト
2005.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/41-d6e7a2ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。