移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
よく考えると久しぶりにバーチャの事を書くような…

最近の事であるが、ゴウとジャッキーの対戦を見た。段位はゴウが6段、ジャッキーが4段だったため、そのジャッキーはゴウに5連敗中。見た感じでは、ゴウ使用のプレイヤーは明らかにサブキャラと思えた。現に試合数も少なかった。もう一方のプレイヤーはジャッキーの強さをまったく引き出せていない。ゴウ相手に超接近戦で勝負してるし、P投げも多用していた。相手的にやられて困るPPからの6Pや投げ、バックダッシュビート等は一切使っていないのが印象的だった。しかし動きはいい。コンボもできてる。おそらくゴウが連勝していたのは動きにジャッキーらしさが皆無だったので対処しやすかったからだろう。普通このくらいの技術があれば簡単に上に行ける。

…と思っていたら負けたジャッキーが席を立った。どうやら俺の出番のようだ。

「クックック、出番だな。この野郎。ゴウで連勝してるからって調子に乗るなよ」

しかし、台に座る前にそのジャッキー使いが俺に声を掛けてきたので、とりあえずその台は他の人に譲った。な、なんだ一体? ジャッキー使いの質問はこう

「あの…ゴウの弱点てなんですか?このキャラ強すぎますよ!!」

!?
な…なにぃ!!…である。俺がゴウ使いと知ってて質問してきたかどうかは定かではない。が明らかにキャラバランスに不満げなその表情。
第一俺は「ゴウ強すぎ!!」なんて言われた時点でショックを受けており、即座にその質問に対応する事ができなかった。普通、ゴウが強すぎる!!なんて言葉はギャグでしか使われない。今となってはそれすら新鮮みがなく、周りが殺伐な雰囲気になったときに少しのニヤリ笑いを取るだけの手段としてよく使われるくらいだろう。

はっ!?
まさかコイツ俺の事を知っているのでは?というよりHPを見たのでは?何かの陰謀を企てているのか?

とにかく気が気でない。①ゴウ使い+②ゴウHP管理人+③なぜ俺に声をかけたのか?
少し考えただけでも俺にとってこの質問の意味はさまざまな顔を持っていると言える。
①だけなら対処は簡単だが、②も網羅しているとなるとかなり難解。③も含めるとこれは慎重に答えを選ぶ必要がある。

しかし先ほどまでの戦い方や立ち回りを見る限り、この人は高段位のサブキャラとかを所有してそうな感じではない。それに東京のゲーセンとは言ってもたまたま立ち寄ったところだし、よく考えると謎が解けてきた。
…少し考えすぎたか。実は只の初心者かもしれない。

そういうわけで俺も真面目にアドバイスしてあげる事に。

見た感じ、このゴウは立ちPよりもしゃがみPを多用する傾向が見受けられた。しゃがみPをとりあえず当ててから攻めようという基本スタイル。こういう相手はジャッキーにとってはカモ以外の何物でもないはず。なぜならバックダッシュビートがあるから…。

ゆえにこう言った。
①「1PやしゃがみPを出してヒット・ガード問わずバックダッシュして、ビートナックルからコンボ」

②「PPから強気に投げる。たまにPP6Pとして様子見、よろけたら即投げる」

③「起きあがりはレバーを離して何も押さない(パクサオ)。使う技はさっき言った技と6Pだけで十分。捌かれ出したら6K出しとくといい」

こうアドバイスしただけだったのだが…。その後そのジャッキーはそのゴウにボロ勝ち(笑)。4連勝くらいした後でゴウのプレイヤーは台を叩いて帰ってしまった。そりゃそうである。こんな戦い方されたらゴウは性能的にきつすぎるし、つまらない事この上ないだろう。メインキャラを出す気にもなれなかったのも頷ける。

同じ剛使いでありながら、相手には悪い事をしたと思う。しかし簡単に勝てる方法を教えるにはこれしかなかった。というより俺はジャッキーを使わないのでこれくらいしか知らない。これだけで勝ててしまうジャッキーの性能にも当然問題はあると思うが…。

ある程度試合数をこなした者でないと、このバックダッシュビートの対応は不可能だと言える。特に他キャラがメインのゴウプレイヤーはそこに面白さを見いだす事はできないだろう。

実際俺も対応できているかというと微妙(笑)。未だにバックダッシュ馬歩やバックダッシュビートな人には勝率が悪い。何しろその場からの主力暴れがバックダッシュされた時点で届かない。ゴウとしては見返りを求める場合は一点読みするしかない。一点読みは決まれば最高だけど、だれもそんなの見てないし…。効率的にも微妙…。この辺がゴウがマゾイと言われている由縁か(笑)。負けたゴウ使いの人は帰りの電車ででも是非対応策を考えて欲しい。そうするとゴウの魅力がわかると思う。ホントごめん。

もちろんVFが出て4年にもなるのだから対策はVFBBS等で協議され尽くしていると思うが、今のお寒い状況で勉強しようという人がいるかは疑問。このジャッキー使いさんにしても、以前の戦法を見る限りネットすら見ていない可能性がある。だから一言二言で片づけるにはさっきの言葉以外に思いつかなかった。
そして上記の戦法を覚えた時点で8段くらいまでの昇格もまず間違いない(笑)。おそらく味を占めたこの戦法でどんどん自信をつけ天狗化していくだろうね。それもVFの魅力の一つ。

そして、このようなプレイヤーをゴウで倒す事に快感を感じてしまうのは俺だけではないはず(笑)。これ見たゴウ使いは天狗ジャッキーのビートや肘を次々に捌きたくてウズウズしてるはず。そしてそういう人はバックダッシュビートを生Kで撃墜したところで何の快感も得られないはず。こういう戦法はさんざん叩かれたので減ったけど(多分そういう人はバーチャ辞めた)、偶然発見するとニヤリとしてしまうはず。さらに続けると…

もういいって?(笑)
スポンサーサイト
2005.02.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/29-01e5bd44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。