移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 鹿児島のときの動画です。そのゲーセンに店舗一位の影使いの方がいて、対戦させていただきました。

 どうやら強すぎるようで、VFTVとかではミニマムさんや九州の有名人に勝ってる動画もちょくちょくUPされてるような人でかなりきつかったです。

 結局のところですが、私が対戦してきて、勝率が高く尚且つ強いという人はとにかくバックダッシュ打撃の使い方がうまい。

 この方もそうでとにかくバックダッシュからの旋蹴りが悶絶するほどうまかった。あとは動画でも確認できますが近距離での4Kと4KK。さらにはそこからの構え移行からのラッシュ…。

 正直対処がわかってないのでいいようにやられました。

 VF5BBSの方ではバックダッシュからの打撃は懸念される方向性にあるようで、バーチャの過疎化はこういうのが結びついてる…とまで言われてますが、この対処ができないと多分8段から先は無理です。

 私もこの動画のときは6段でしたし、乱入してくる人にもよりますが、バックダッシュ打撃への対応はある程度ダッシュで間合いを詰めてPとかそういうので良かったんですが、今現在は8段。

 乱入してくる相手も7~10段という方が多くなってきました。こうなるとバックダッシュ打撃を使わない人はほぼ皆無ですし、攻めも強い技をどんどん使ってくる人が主。かなりきついです。

 低段位が相手なら近づいてしまえばこっちのもの…という意識もありますが、9段や10段の格上が相手となると近づいてようやく五分。いや…むしろ不利…くらいの勢いですよね(笑)。むしろ近距離の攻防の方が読みにくい場合すらある。

 そういう意味ではある程度何してくるか動きが読める遠距離の方がダメージを取れる可能性が高い。いかに高段者でも頭に(バックダッシュ打撃、旋蹴り)という意識があるときに接近されるとさすがに対処が遅れます。こちらとしてはもうここでダメージを取るしかない。


 影もそうですが特には瞬がやばい。バックダッシュチョウワンと3Pからの攻めがきつい。そのまま出そうがバックダッシュから出そうがその後の派生やらなんやらがありますのでどっちにしても変わらないという性能。

 これに対応できるようになれば10段の道もみえる…と自分では考えてます。

 COMUBOさんクラスの影に対応できればとりあえずはOKでしょう。なんとなくわかってきたのが、

 バックダッシュ旋蹴りが当たる距離での基本が

 バックダッシュ腹側避けキャンセルダッシュG。

 うまく旋蹴りを避けられればPKや他の技が確定します。また相手が突然投げに来るときもありますので相手が急に間合いを詰めてきたら避け投げぬけに切り替える。

 うまく立ち回れれば相手に結構なプレッシャーをかけることができます。ゴウやブレイズの場合はバックダッシュ打撃をこちらがしようにもそういう技でダメージ効率がいいものが見当たらないので、防御行動でイニシアティブを取るしか思いつかない…

 これをすると次はCOMUBOさんクラスになると3Kや4K、2P+Kからの新構えからのPPPや中段チョップ、2KKで攻めてきます。リスクが少ない割りにリターンが大きい連携ですね。

 これもこちらはなかなか手が出せない。4KKからは背後下段Pがあったり中段Pがきたり、避けを狙ってきたり…

 新構えからの連携もP(上段)PP(中段)で2KKが下段ですが、いきなり中段チョップからコンボもありますし、空かして腹崩れチョップもある。こちらとしてはかなり動きづらい…。

 でもここは一応まともな読み合いができる状況にありますので、強気に割り込んでいくしかない。

 まあこの辺の動きが自分ではまだ確立できていないので負けるわけですが、幸い影は強キャラですので、SEGAの公式動画には強い人の動画がボコボコありますし、それを見て勉強していくしかないのでしょうね(笑)。

 この動画でも予期せぬ2Pがあたったり3Pで連携を止めたりしてますが、うらづけなんかなにもなく一点読みです(笑)。博打以外のなにものでもない…。

 結局新構えになられたら、投げはまずこないので避けキャンセル行動で細かく動くのが一番いいような気もします。

 もっともこれに加えて十文字構えの対処も必要ですが、これはもう最近は諦めてて、膝か大人ガードしかしてません。4ほど十文字への移行もしてこないスタイルの影が多いようですしばれない限り問題ないでしょう。

 COMUBOさんとの戦績は10勝25敗くらいでしたかねえ。

 VerAになって調整されて対処が楽になるとありがたいなあ…。


 1319勝458敗勝率(73.19%) COMUBOさん 影10段


 

 http://www.youtube.com/watch?v=l_tKyrDjfPE


 そしてAM SEGAにUPされてるお手並み拝見の動画。

 なんとブレイズが決勝まで行ってます。これは珍しい。しかも対戦相手が影ということで非常に参考になるかも?

 と思ったのですが…

 http://asx.pod.tv/am-sega/free/vf5_ote5y1903.asx

 活路は見出せず。やはりこれほどの腕前の方であっても対処が難しいようで、影のさまざまな攻撃に対し、ミドルキックや肘で対応したり、防御行動が主な行動となってます。近距離戦を見てもわかるように近づいたからと言ってどちらが有利というわけでもなさそう。

 う~ん…。希望の星の称号の方でこういう展開になるのであるとすればこれはかなり厳しい。

 私くらいの腕前であればやはり なんちゃって肘からの投げ、下段投げ、連携途中からのなんちゃって投げしかないな…。


 と思ったら同じくAM SEGAのこの動画。

 http://asx.pod.tv/am-sega/free/vf5_ote5y0603.asx


 遠距離戦になったときにパイがなんか技を出して誘ってる。動画を見る限りではレイフェイはその技の隙に合わせて何かしたいようでしたが、意識が完全にそっちに向いていました。

 なるほど…ああいう誘い技を遠くで使って意識を別に向けるというのも有効なのかもしれません。さすが上級者ですねえ。

 いやあ 勉強になります。

 
スポンサーサイト
2006.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/205-7bc9183b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。