移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 出張から帰ってきたのでさっそく動画をUP。

 最近は試合をしたら必ず撮るようになりました。


 一昨日に末広のゲーセンに行ったときの試合ですが、なぜか勝率70%超えのレイフェイが徳島に登場。

 勝率70%超えって…

 10回やって7回勝ってるってちょっとおかしくないか?(笑)。

 早速乱入。 


 送り狼 様 7段 レイフェイ  313勝121敗 勝率71.95%


 


youtube url http://www.youtube.com/watch?v=3qXp7iddJ5M



 1ラウンド目はあっさりとペースを握られる。見た感じでは、強い構えでゴリゴリ押してくるタイプではなさそうと思ってたんですが、さすがに動きがしっかりしてて…でも意外と慎重なスタイルでした。

 手を出すと相手の思う壺とわかっているので、できるだけ防御しようと思っていたら、屈伸にあわせてしりもち狙われて投げられて終わり…。なんか捌かれそうなイメージがつきまとって下段攻撃でチクチクやってたんですが、さすがにダメージ効率で負けてますね…。

 気を取り直して2本目。

 チクチクやっても負けることがわかったので、強気に攻めてみる。しゃがみP、立ちP、8P+Kを惜しみなく発射。

 これが功を奏したのか所々捌かれつつも勝利。なるほど。立ちPで攻めてこないレイフェイなんかには8P+Kは意外と有効なのかもしれません。

 
 3本目。

 私の18番である3P+KPからの投げが炸裂(笑)。これが決まらないとペースに乗れないんですよね。この連携、相手からすると実は暴れてしりもちついても確定はないんで、ガードで固まらないほうがいいんですけどね。まあそのうち下Pと避け対策も考えないといけません。

 その後8426P+Gから9P+Kで必殺裏回りを狙うもあっさり後転おき上がりを選択されて爆死。その後押し切られて敗北。

 ここですね。 

 調子にのってやった行為が死活問題になるいい例みたいなものです。あそこで9P+K狙わなかったらどうなるかわからなかったラウンドも勝利卯70%の人にすると、たった一発の起き上がり蹴りヒットからこの展開…。 

 こりゃダメだ…。


 4ラウンド目はなんかわからないうちに相手の体力が数ミリに…。レイフェイ戦で気をつけなくてはならないのがセンシッポ最大溜め。

 だいたいレイフェイは追い詰められるとこの技を出してくる場合が非常に多い。避けられない限りは大逆転を狙えますからね。

 そういうわけで意識を周流してたからこそ避けられたようなものです。実際センシッポが来たときは

 キタ――(゚∀゚)――!!

 だったんですが、避け後のPKがスカって危うく死ぬところだった…。


 最終ラウンドは9P+Kからの必殺フルコースが決まって、体力を半分奪って

 「よっしゃ勝ったぜ!!」

 もう楽勝ムード漂いまくり。

 …

 と思ったらなんとその後逆に相手の壁コンボを食らってこっちも半分HPを減らされた(笑)。上級者はこれだから恐い。

 油断もすきもないね…ホント

 しかし苦し紛れの8P+Kがヒットして息を吹き返しました。あぶなすぎ…。

 その後に温存しておいた屈伸へのしゃがみ投げで締め。

 しかしあそこで受身とってくれてなかったら危なかったかもしれません…。
 

スポンサーサイト
2006.09.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/188-5733aa45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。