移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 
 2日前から鹿児島県に来ています。とはいっても輝北や枕崎の方面ですので仕事が終わっても山だけでどこにも行けませんが…。
 
 そして明日、いよいよ徳島に帰着しますので、空港近くのホテルに止まってるんですが、ネットを見てみると、鹿児島に来るときに飛行機までの待ち時間に博多駅のゲーセンで対戦した動画が届いておりました。

 対戦相手は舜帝(8段)。

 
 またもや格上ですが… 幸いなことにあまり新技を使っていなかったこともあり、戦いやすかったですね。

 背後向いてから腕を振り回す捌き技には手こずりましたが、下段は捌けないのね。今後はロードロップで対応すればいいのかな?

 しかし私のブレイズもそろそろ200試合に到達する勢いなんですが、未だにアイテムが一つもありません(笑)。

 まあブレイズはアイテムのほとんどがマスクですからいいんですけどね…。マスクとか貰っても大して嬉しくはない。アイテムに関しては特に欲しいものが見あたらないですねえ。ブレイズは服の色変えるくらいでいい感じです。

 セガも気を利かせて、そっち系のマスクだけでなくて、グレートムタのペイントとかそういうの追加してくれればいいのに…。

 歴代の合わせれば何十種類もあるよ。

060812345trew.jpg


 15年来のプロレスファンとしてはちょっとね…。不満もあるんです。


 まずウルフのシャイニングウィザードとドラゴンスクリュー。

 これはウルフには追加して欲しくなかった。

違う違う…。これはあんな技じゃない…。


 閃光魔術と呼ばれてる技です。もっとこう…早くて格好いいんですよ。

 
どうもウルフが使うと違うんですよね…感覚的に…。ていうかウルフじゃないだろう…これは。ウルフは別モーションに変更してブレイズにくれないかなあ。

 ウルフはシャイニングヤクザキックでいいじゃん。


 あとブレイズのダウン攻撃の3P。

 フラッシィングエルボーかな?これ。

 これはなんというか、ロープを一度経由してから決めるのが格好いいので是非次バージョンでそう変更して欲しい。あともう少し早いはずなんですよね…。
 
 あとロードロップからはP+G追加入力で足四の字固めに移行に決まってるだろ(笑)。ダウン攻撃決まらなくていいから是非足四の字を…

 あと昔のカシンの飛びつき腕ひしぎ十字固めを是非…。


 とまあ細かいところ上げるとキリがないのでこの辺にしておきますが、プロレスファンとしてはちょっと納得できないところもあるのです(笑)。

 でも9426P+G P+Gやローリングクラッチのモーションは素晴らしいですけどね。なんかプロレス愛を感じます。

 
 とまあ前ふりが長くなりすぎましたが、試合の動画です。





 


youtubeURL http://www.youtube.com/watch?v=UDuO5MtZzYs



 2本目まではやっぱり先取されてます。ゴウの癖が抜けず、見ちゃうんですよね…。

 なるほど…ここで肘を出すタイプか…とか、ほぅ…ここで2Pを打つかね君ぃ

 
 とかね。ゴウならワクワクする瞬間ですが、ブレイズは肘捌けないから意味ないんですよね…。

 さすがに8段だけ(しかも店舗3位)あって、尻餅の回復は完璧。尻餅→4KPP→6PKという必殺フルコースはまったく効き目がありませんでした。これを封じられると尻餅後に投げとか狙わなきゃならないからダメージ源がなくなり結構辛い…。

 1ラウンド後半の尻餅に4KPまで出してガードされた時にそれがわかります。あの気まずい雰囲気は何?(笑)。

 結局ビビッてKまで連係させてしまい終了。

 そうか…そうくるかね君ぃ…。

 こいつには4KPからは投げだな…。


 とニヤけてから2ROUND目スタート。
 

 弱点はもうわかったので早速4KPから投げを狙うも、なんとしゃがみPで返されて悶絶!!

 ビビッてぼっ立ちにP+G決められて悶絶!!

 
 さすが店舗3位…。


 しかし3ラウンド目は46P+Kがカウンターで決まって勝ちペースをゲット。

 3K+Gからの投げはまさにしてやったりと言う感じですね(笑)。

 
 そして4ラウンド目にはついに4KPヒットからの投げが火を噴くことになる。

 というよりこれはやらなきゃ気が済みませんでした(笑)。


 投げを魅せとくと次につながりますしね…。
 
 
 その後に9P+Kからの裏周りが見事に成功。

 これはデカイ。

 2セット先取で追い込まれてるものの精神戦では一歩リードか?
 

 その後のラウンドは見てのとおり。舜にしては立ち回りの動きがしっかりしているので戦いやすかったです。後半大人しくなったのは…多分この裏周りで精神的ショックを受けたんじゃないかな?

 その後、最終ラウンドでまたも尻餅を奪うもまたもや4KPをガードされる…

 この辺はさすが…。


 しかしその後にまたもしゃがみ2Pから投げを狙おうとしてきたので、そこはカット。そうはいくかよ(笑)。

 しかしこっちの2Pヒット後に2Kで返してくる辺りもうまいですね…。あれされると辛いけど、追いかけたのがよかったのか、避けPが暴発。

 しゃがみ投げで終了でした。ていうか投げ確だったのかな?これ。


 でも不利がそんなにないときは相手は常に屈伸してくるのがVF5なので、最近はわからないときは、0フレームしゃがみ投げがかなり猛威を振るってます。

 まあこれは…ついやってしまったしゃがみ投げだったんですが、投げ確ならあんまり意味なかったような…。 

 まあいいか…。
 

 舜なんかはフレームバーチャされるより、意味不明な暴れのタイプの方がやりにくい場合が多かったりします。これはゴウの時に嫌という程思い知らされてます。ゴウだと適当に暴れる相手を押さえ込むのは辛かったですからねえ。

 ブレイズは連係が多いので動きが読めない暴れタイプに対してはゴウよりはるかに楽です。
スポンサーサイト
2006.09.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/186-403ee30d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。