移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さて…

先日の女性からメールが帰ってきません(つд⊂)…。

どうしたものか…。どうすればいいんでしょう…。それをあざ笑うかの様に入ってくるダブルドラゴン妹と阿波踊り娘からのメール…。

 … 

 
 …
 
 以前はダブルドラゴン妹のメールをどれほど待ち望んだことか。しかし…まったく返信してくれなかった…。それでも無視されてもめげずにメールを続け、阿波踊りでのエスコートが成功したのか、今や…こちらから打たなくても1日に何通も入ってきます。なんか向こうから食事に誘ってくれてる(笑)。お盆前を考えるとあり得ない感じですね…。

 阿波踊りの娘に関しても同様なので言うまでもなし。でもね…。もう遅いというか…。心そこにあらずですね。今は先日の女性をどう食事に誘うかということしか頭にない。なんとか…あと一回、あと一回会って欲しいですね。しかし…ダメかもしれません。

 昨日のコメントにありましたが、女性の口説き方を攻略コンテンツとして書いて欲しいという方がいましたね…。これ…実は匿名さん、非公開コメントでも何度かありまして…。

 …

 これはさすがに書けません(笑)。

 相手によって対応が違いますし、自分は女性から見るとどのように見られるのか…どの立場にいるのか?という事でも違ってきます。万人が同じ方法では無理です。竹ノ内豊と出川哲郎が同じ口説き方なわけないですよね(笑)。そういう意味ではまずは自分の容姿の把握からですかね?

 しかし、注意すべき点は同じです。これは私なりの考えですので、あまり否定とかしないでね。それに私はそんなにモテるわけでもないです。つき合った数は13人くらいと多いかもしれませんが、半数以上が自分からの告白です。


 まあしかし、今回は丁度女性を口説き中という事もありますので、チラッと方法をご紹介あくまでも参考ということで読んで下さい。これで振られても一切の責任は負えませんよ?(笑)。

 

女の台詞に騙されるな

これかなり重要です。男は女性の台詞の意味を深く考えてしまい、振り回されることや自滅してしまうことが非常に多い。 例えば「○日に食事に行きませんか?」と誘った場合、「ごめんその日は用事があって…」と返ってきたとします。そして「この日なら空いてるけど…」と女性が言ってくれなかった場合…断られると凹みますよね。これが2回も3回も続くとなおさらです。しかしここで諦める、ヤケになるのは非常に勿体ない。

 ヤケになって

 「俺とは行きたくないって事か?」
 「俺と行きたくないのであればはっきりとそう言ってくれ」

 何度も断られると、こう言ってしまいがちです。なんか男として惨めですからね…。しかし、この場合に大きく考えられることは4つもあるんです。

 女性側の対応

 ①用事があるのは嘘。もともと行く気はない。自然消滅狙い。
 ②ホントに用事がある。…が「この日なら空いてるけど…」と言えるほど女性が積極的ではない。
 ③あえて空いている日を言わず、こちらの出方を伺っている。簡単にOKするとこちらに主導権がなくなる
 ④この日は空いている…と言えるほど機転がきかない

 あくまでも私の今までの経験ですので、真意は不明です。しかし、①~④を見る場合、肯定的な場合が②~④で3つ。否定的な場合が①の1つです。 

 つまり振られる確率はこの時点では4分の1の確率に過ぎないと私なりに判断しています。ここで
 
 「3回も断るなんて…俺とは行きたくないって事か?」
 「俺と行きたくないのであればはっきりとそう言ってくれ」

 こう言うのはあまりにも時期早々。特に相手の女性が行くかどうか迷っている場合は、この台詞は振られる要因を作っているのと同じ。敢えてそこには振れず定期的に誘い続ける事は決して男らしくないわけではありません。

 男らしさ、女性を引っ張るという行動はあくまでも二人で会ったときにこそ判断されるものであり、メール、電話では判断基準には成り得ないと思います。メールで格好つけても結局は会ったときにその格好良さは問われます。

 どうせ会って見せるこちらの誠意と行動。それならばその会ったときの印象を良くすることを考えた方が得策。メールは誘い出すための手段と割り切った方がいいというのが私の結論です。

 

 女性の口説き必勝法はここ。

 メール、電話では自分らしさは封印。断られてもお構いなしにメールを打ちます。そして相手の判断を要求することや否定的な言葉は絶対に打たない。

 「食事に誘いたいんだけど、どうせ行ってくれないんだろうな~(笑)」

 「なんか暇だからさ、食事にでも行かない?」

 
 とかこういう類の逃げの口実が入っている質問は最悪です。振られたときもそう

 「振られるとは思ってたんだけどね(笑)やっぱりか」

 
 この類の発言は可能性が0になります。必死さが伝わらない。別に…君に振られてもまあいいけど…という強がりはマイナスでしかない。それに相手に自分の気持ちがストレートに伝わりません。相手もこちらが好意を持っていることが事前にわかったほうがいいに決まってます。嫌われている場合はどちらにしても会ってくれませんからね(笑)。結果は同じ。


 強がりはあくまでも会ったときに見せる。二人で会ったときに全てを出し切るつもりでないと、普通の女性ならともかく、レベルの高い女性を口説くのは不可能です。そこにいくためのマイナス要素をメールなんかで作るべきではない。

 作戦としては、やはりメールでの誘い出しが基本となりますが、メールでは女性の相談にも乗らないし相談も持ちかけることは私はしません。何かを長々と話すこともない。打つのは食事やデートに誘う布石のみです。これはなぜかというと、メールというのは非常に女性と話がしやすい。会話の様にすぐに返答しなくても考えて返答できる上、文字ということで普段言えないことが言てしまう。…しかし、あまりメールでコミュニケーションを取りすぎると、メールでの自分が普段の自分に勝ってしまうんですね。

hyuitog678okjhgfds.jpg



 私のリア友がこれに陥っています…。彼のメールの文は一通一通に自分の本音が入っておりかなり長文です。しかし実際に女性に会うと、そのメールの半分の事も言えない。

 であれば、元々言いたいことの半分の事しかメールで言わなければ会ったときに評価があがるはずなんですね。メールが発達しすぎたために起こる悲劇でしょうか?
 
 
 メールを打つ自分に現実の自分が負ける。これはマイナスでしかない。あくまでも会ったときにすべてが決まるはず。ゆえにメールではとりとめない文しか打たない。朝は「おはよう」一文だけで送るときもあります。返事はほとんどの場合返ってきませんが、何かしら効果はあると信じて打ってますね(笑)。

 普段の文も3行も書けばいいかと。私は絵文字も顔文字も一切使いません。


 こうすることによって逆転現象が起きる。


 80㌔のスローボールの後に130㌔のストレートを投げれば、プロ野球選手でもその120㌔の直球が150㌔くらいに見えてしまうといいます。メールで80㌔の男を印象づけ、会ったときに150㌔の男に見せる。

 これぞダブルドラゴン妹すら落とした魅惑の配球。

 メールばかりが先行している現在の恋愛事情を逆手に取ったわけです。本来男はメールをポンポン打つべきではない。会ったときの立場がどんどんとなくなってしまいます。

 この戦法はもちろん出会い系サイトでは通用しません。メールから出会いが行われた場合は、無愛想なメールを打った時点で切られる可能性があるからですね。

 これはあくまでもコンパで出会い、メールアドレスを聞いた場合。つまり一回はお互いに会っていることが必須事項です。メールアドレスを教えてくれたんだから相手が自分に対する第一印象はそんなに悪くないはず。もう一回はおそらく会ってくれます。

 すべてはその時のための80㌔のメール送信。もちろん会ったときに全てが問われます。

「食事に誘いたいんだけど、どうせ行ってくれないんだろうな(笑)」

 こういう発言メールで誘うときにしてはいけない理由はそういう事です。会ったときの足かせになる。とらえどころのない男と思われるのはまずい。

 
 話題、デート先はほぼ全てこちらが提供。女性の発言に対しては必ず突っ込みあるいは相づちを入れる。相手の目を直視して話すことを心がける。

  二人で会ったときにこの行為を行えばまず悪い印象を持たれることはありません。しかし、上記のような「振られたときのための逃げ?」とも取れる発言をしていた場合は、この行為がどうも嘘っぽく見えるんですね。

 女性を口説くには様々な変化球が必要だ。という話もありますが、その変化球が逆に己の身を滅ぼす事の方が多いです。変化球をいくつも使い分けても…私の経験上では、ほとんどの女性はつき合うまでの課程ではそこまで深くは男を見ない。
 
 ①男の容姿(慎重、顔、体格、服のセンス)
 ②性格(エスコート、食事の店、言葉遣い、雰囲気、声、やさしさ)

 この2つを見るだけです。

 よく聞きますね。 

 性格重視、顔はまあどうでもよい。

 

 これは間違いです。女性の言葉は残酷です。「顔はまあどうでもよい…」

 
 これはね。

 髪型はしっかりセットされている。 
 服のセンスも悪くはない。
 疲れ切った顔をしていない
 だらしない体格をしていない

 これがあったうえでの「どうでもいい」発言。完全にどうでもいいわけではないんですね。

 
 本意は


 一定水準以上であれば…中身が伴っていればまあ許せるかな?


 これです(笑)。もちろん美人であればあるほどその水準が上がっていくことは容易に想像できますよね。

 まあ、会ったときに全力投球して、やる気を出せば上記の最低水準はクリアできるはずです。特に問題なければまず間違いなくつき合ってくれる。押しの一手で多少のハンデは克服できます。

 tugj98465hgd.jpg


 何度も言いますが、「メールの文章、電話の対応」これは判断基準に入ってないように思う。こまめに返信してくれる?相手の方からメールをよく送ってくれるか?この程度でしょう。まあメール打つ格好の存在…電車…のない徳島県ということも関係あるかもしれませんが、顔文字とかを頻繁に使うのはマイナスでしかない気がする…。

 メールに変化球など必要ない。

 メールはあくまでも誘う手段として利用し、会ったときにすべてをセオリー通りという直球勝負の方が成功率は高いはずです。

 残念ながら会ったときの会話、テンポ、注すべき点までは書けません。これは場数を踏まないと身に付かないものですからね…。コンパに行くと必ず場を仕切る男性がいます。

 そいつから手法盗めば自ずと流れが理解できるでしょうね。

 まあ残念ながら…駄目な時はダメなんですけどね…。メールアドレスすら教えてくれないとか…、何10回誘っても断られるとか…ね。これはどうしようもない。今回の女性も私の誘いのメールを全て無視してますからね…。これは辛い。一通でも返してくれれば…。そこから食事に誘うんですが、返事を返してくれないとどうしようもない_| ̄|○。

 まあこうなるとなぜ?俺にメールアドレスを教えたの?という事になりますが、ダブルドラゴン妹も始めは私のメールをすべて無視でしたからね…。やはりメールの内容が短すぎるんでしょうか?まあ今は結果オーライになってはいますが、この辺は再考の余地があるかもしれません。

 まあ

 次に会いさえすれば高確率で好感を持ってくれるはず。

 
 と自分を信じてるから続けられるんですね。メールでは惨めでもいい。会ったときにこちらが上に立てばいい。

 この辺はやはりスローボールから直球という流れが深層心理をついて居るんでしょうかね?確実に主導権を握れます。今回の女性にも同じ方法が通用すればいいのですが…。

 散歩でも食事でもなんでもいい。まずは二人で会うことが重要。そこで自分の自我を出す。そうすることで相手の女性はあの人に会わないと本来の姿は見えないと思ってくれるようになるはずです。

 メールですべてがわかるのであれば苦労はない。メールでは断りやすい謳い文句も実際に面頭向かって真顔で言われると以外に断りづらいものですからね。


 今回の女性に関しても口説き方は同じですから、もしこれで成功すればこの方法の信憑性は信用して貰えますかね?

 ertyhjnbvde456u;;g.jpg


 すべてはこの日のために…



 あくまでも私のやり方なので否定的なコメントはやめてくださいね。誰かに否定されたからといって今までつき合ってきた実績が消えるわけでもないですから。

 読者様でも口説き方のテクニックをお持ちの方は是非コメントを御願いします。

 後…斬り賊の3次職のコンテンツが欲しいのですが、私…斬り賊3次してないもので…できれば斬り賊の方、スキル振りを投稿していただけるとありがたいです。希望であればSS付き…そして名前付きでコンテンツの方に載せさせて頂きます。

 
 今回の記事の要望をくれた、桜さん、匿名希望さん数名様

 とりあえずはこれでよかですか?(笑)。

スポンサーサイト
2005.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/167-64cd0389
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。