移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 皆様徳島に来る予定はないでしょうか?出張時を除いて私はいつも徳島にいるので徳島に旅行に来たときには是非声をかけて頂きたい。

 実はどうしても紹介したい味があるんですね。昨日は新入社員がそれぞれの配属先へと帰る日だったので、日曜日だったんですが、特別に仕事をしました。そう…新入社員にその味を味合わせてあげたかったんです。
 飛行機の時間は3時発だったから、11時に迎えに行って、その究極の味の店へ。

 店名は「びんび屋」。いわゆる海鮮料理屋ね。旅行者はまず来れないから諦めた方がいい。なにしろ車でしか行けない(笑)。電車だと不可能ですからね。そういう意味で声をかけて下さいと言ったんです。

 そして食べるのは「刺身定食 (はまち)」…←これしかない。キャサ夫さんのサイトで徳島遠征日記の所で絶賛してたけど、ホント信じられないくらい美味しいから覚悟した方がいい。

 まあこれからそのおいしさを書く前にもう一度ご確認。

店名は びんび屋
場所は 鳴門
注文は 刺身定食(はまち)


↑はいOKですね?

 では一つ。がんばってどんなものかを書きます。まずはここで出てくる刺身の「はまち」は数秒前まで生きていたという事実を知らなくてはいけない。つまり「刺身定食一丁~」と店内に響いたら厳つい面のおっさんが出てきて生け簀の「はまち」をボコッ!!と殴る。そしてそれをササッと切って持ってくるという(笑)。そりゃ新鮮なんてもんじゃないよ。まだ生きてるもん。

 今日釣れた「はまち」だからね。(他にもマグロとかいろいろあるけど一応はまちがお勧め)。それしか出さない。つまり釣れなかったら刺身定食は出ないわけです。そして釣れる量が少なかったらその日は刺身の数が減ります。だいたい6つくらい入ってるけど、少ない時は4きれ、5きれ…とかね。

 でもそんな新鮮なんていうのは問題じゃない。まずそのはまち。噛むとまるでゴムみたいな感触!!つまり弾力が凄い。刺身でこんなに弾力があるものは私はここでしか未だに食った事がない。鳴門の渦でもまれ、綺麗な海で泳いでいた「はまち」だからそんな弾力が出るわけです。なにしろ毎日渦に巻き込まれている魚なんだから弱いわけがない。その魚をその日に釣って来て、食べる数秒前に頭叩いて料理。こんなの美味しくないわけがない(笑)。

 さらに悶絶なのは「わかめのみそ汁」。名前はショボイけど味は「みそ汁」じゃあありません。

その味を言葉で表現するならそうですねえ



 海!!

としかいいようがない(笑)これも豪快で、わかめをそのまま海から引き上げてみそ汁にぶち込んだ感じ。海の塩の味が残っているし、なんか不思議な味でうまく説明できない。

 この刺身定食とわかめのみそ汁を食べた瞬間、新人もびっくりして、みんな口々にこう言ってました。

新人 横山「な…、なんスか!!?これは??な…なんすか?この歯触りは? な…なんすか?この… (以下略)…」

新人 宮沢「ほ~ほほほほほホントうまいっすよ(涙)無理っす…おいしさに耐えられないっス 、無理っす この感動を全世界の恵まれない人び…(以下略)」




新人 木村「あっ?味スか… ちょ……待てよ!!

…って感じすかね」

 これを言わせるためにポケットマネーで4000円も出費してしまいましたが、これで徳島の印象を強く意識づけることができたと思うと安いものです。

 どうです?食べたくなってきたでしょう?絶対こんな魚食べたことないと思うよ。だから家族旅行は徳島にしなよ。損はさせません。びんび屋くらいなら案内しますよ。(他は無理だけどね)
その後は香川に行って本場の讃岐うどんを食すといいでしょう。

 やはり四国は食の町。こういう文化はどんどん紹介していきたいね。そして私もいつかは徳島を代表するようなこんな店を建ててみたい…。まだまだ誰も徳島県なんて知らないからね。外部に頼らず今住んでる県民が奮起して、なんとかしないと駄目ですよね。

→→
スポンサーサイト
2005.04.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaizengoh.blog6.fc2.com/tb.php/133-58c0f763
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。