移転しました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
鏡の魔力

 チャゴスを助けたことで軽く鏡をGET。これでドルマゲス城の封印が解ける。…と思ったのだが、どうも様子がおかしい。なんか光ってないし、鏡面は曇ってぼろぼろ…。全然鏡の役目を果たしていない。

「ま、まあ…神器だしね。しょうがないか」

 なんて思うのもつかの間、なんと長い間放置していた性で魔力が失われてしまったようだ。

「な…なんてことを…」

 

さてはチャゴス!!お前この鏡を触ったな?



 こ…これは世界を救うアイテムだぞ!?貴様が触れていいものではないのだ。

 そんなこんなで結局またおつかいに行く羽目に…。ある魔法使いがこの鏡の魔力を取り戻してくれるらしい。城の南に住んでいて、ずいぶん前に引退した人とのこと。

「まったく…どこまでもチャゴスには世話が焼ける…」

 鏡の魔力を取り戻した暁にはチャゴス!!お前も同行さすからな!!薬草を使うくらいのことはさすがにできるだろう(笑)。



魔法使いのジジイ

 そんなこんなでやってきた魔法使いの家。ずいぶんと辺鄙な所にあって、山を越え谷を越えとホント遠かった…。キラーパンサーがいなきゃ無理だね。きっと…。

 見ると家には誰もいない。しかし、難しそうな本、綺麗なベッド、高級そうなお茶の湯飲みが置かれている。ここに人が住んでいるのは間違いなさそうだ。

 さらによく見るとモンスターが数匹いるではないか??一体なぜ??

 とりあえずスライムとドラキーに話を聞いてみると

「ここに人は居ないよ~」

 だって…。まったくこの阿呆が…。低脳すぎて話にならない。人が居ないだと?住んでないというのか?ここに!!人が?

 バカなことを…。見ろ!!この本を。本があるじゃないか。本というのはページをめくる必要がある。そして読むには本棚から取り出す必要があるのだ。

 スライム…お前に手があるというのか?ドラキー貴様には足しかないじゃないか。

 その体でこの本をどうしようというのだ(笑)。まさか飾りとは言うまい。読めるはずがないのだ。お前らに。そうなればここに人間が、いや魔法使いのジジイが居ることは間違いない。



…いや待てよ。





あるぞ?そういえば… 一つだけページをめくる方法が…。簡単な事じゃないか


そう…口でめくればいいんだ!!


…ってもうやめよう。こんな事考えても空しくなるだけ…。他を見てもこいつらが言っている事は嘘だと簡単に証明できる。
 
 まずスライム。こいつは足がないし、なにより寝るとかあり得ない。だって立ってる状態で寝てる状態のはずなのだ。ベッドが必要なわけがない。いや明らかに不要だろう…。

 ドラキーもそう。こいつは鳥みたく空飛んで居るんだからベッドなんかで寝るわけがない。寝るなら木の上だろう?まあ百歩譲ってこいつらがベッド寝るとしよう。しかしどうやって布団をかける?

毛布は?

枕は必要なの?

だいたいスライム。お前は体が枕よりも小さいだろう…。

さらに言うとお前らに布団が干せるのか?(笑)。


…ということで証明終了。まあ寝れないこともないが…。

 次に茶だ…湯飲みだ。これもおかしい。まず無理なはずだ。こんな奴らがお茶を汲むなど。そりゃあ本は口でページをめくれば読めるだろう。ベッドで寝ることもまあ可能かも知れない。しかし、茶を汲むのは絶対に無理だ。お茶を作るにはまずはお茶っ葉を「きゅうす」に入れる必要がある。この時点でアウト!!お茶っ葉は口では無理だ。まずお茶っ葉入れの筒の中に頭が入らんはずだ。それにポットはどうするんだ?どう押すというのだ。ポットのボタンを。
 
 沸騰ボタンって3センチくらいしかないんだよ。

それをどうやって手のないお前らが…。





は!?

しまった。

角を忘れていた!!




…そうか!!そういうことか。

 スライムの角だ。あの先を使えば小さいボタンでも押せるぞ(笑)。確かにできないことはないな…。そしてあの角の先がセロハンテープみたいな吸着力を持っているとすると?




可能だ(笑)。

お茶を汲むことも(笑)。

 まあそりゃあここにジジイが住んでいないなんて無理ないいわけにも程があるが、このようにモンスターを完璧に「しつけ」ている魔法使いのジジイ…。此奴も侮れん。一体なぜこんな事を?なぜ騙すんだ…。人嫌いなのか?
 
 しかし、どこを探しても家にジジイは居ないし、モンスターは相変わらずの返事しかしない。やはりいないのかジジイ…。それとも留守なのか…。そうやら…まだまだドルマゲス城に行くまでの道のりは長いようだ…。

 そんなこんなでジジイはあきらめ家に出てみると、発見したよ(笑)。隠れ家への道を。なんだちゃんと先まで道が繋がっているじゃないか。

…って事は?

まさか

ジジイの家はこの先かよ(笑)

→→
スポンサーサイト
2005.04.05 / Top↑
チャゴス王子とトカゲたち


 体の半分はあろうかという頭…。人を見下した目。肉重でいまにも落ちそうなほっぺた。しかも極めつけはオヤジと同じその服!!同じ人間でもこうも違うものなのか?コイツが着るとネタ服にしか見えない。なんだ?コイツは?

…って

チャゴスだ!!

 こんな奴にあうために俺はあのくだらない妄想を繰り返したというのか?わかっているのか?俺たちは世界を救うんだぞ?そのためにこんな奴にへりくだれと?というよりコイツが王になるための力添えをしろと?明らかに無理だよ(笑)

 いいのか?いいのか?ミーティア?こいつで。まあ人それぞれ好みはあるが、こいつの妃となると人格そのものを疑われかねないよ…。

 まあしかし、協力しないと話が進まないのも事実。鏡を貰わないと話にならないからだ。そういうわけでトカゲ退治に出発。町ゆく人に声援を送られるチャゴス。

「がんばれよ~」
「チャゴス王子がんばって~」
「キャア~(*^_^*)かっこい~い↑」


どうでもいいから早くしろ…。



アルゴンの巣窟

 町を出たとたん馬車に乗り込むチャゴス。どうやら戦う気はまったくないらしい(笑)。しばらく歩いて一行は王家の山に到着。どうやらここがアルゴンの巣窟らしい。ここでアルゴンを倒せば(俺たちがね…)チャゴスは晴れて王様だ。将来を約束された人間は気楽なものである。

 そして一歩王家の山に足を踏み入れると?なんと驚くべき出来事が起こる。

チャゴス「駄目駄目。クスリ付けないと臭いでアルゴンが逃げちゃうだろ アホ。さっき言ったろ!!」

 !!

 そうだった。クスリを付けないとアルゴンに気づかれるんだ(笑)。…なかなか気が利くじゃないか坊主。なるほど頭脳は顔に似合わず明快なようだ。さっそくクスリを振りまき、アルゴンに突撃!!
 
 まあ別になんのことはない…。タダのトカゲ。さあやるか!!と思ったらチャゴスも戦闘に参加している?

おっ… やる気か?チャゴス(笑)。見直したぞ。

 なんだコイツ。意外といい奴じゃないか。(゚∀゚)キ 
 
 気をよくしたのか、さっそく財前が攻撃開始!!ククールがそれに続く。みんなチャゴスのために心が一つになっている!!コンビネーションも申し分ない。こうなると哀れだが、アルゴンはもう瀕死状態。

「よし!!とどめだチャゴス。行ったれ!!」

 バタバタ…。

 チャゴスは逃げ出した…

 

 …。 なんていうか… 。想像はついていたけどね…。結局とどめを刺したのはゼシカ。証であるアルゴンハートを奪い取り戦闘終了。もうこんなのどうでもいい。俺はさっさと帰る!!。しかし、チャゴスはこう言う。

チャゴス「ちっちぇえよ!!こんなのちっちぇえよ。もっとでかいのだ。でかいのでないとみんなに自慢できないだろ。よし、次!!」

 
怒りゲージ MIN ■■■□□□□□ MAX "(-`Å-)ピク  σ(′┰ ゚ )

 鏡で顔見てからぬかせ、この豚野郎!!しょうがないからもう一匹、もう一匹と同じパターンでアルゴンを倒す財前。心が痛い…。アルゴンは数が少なくなって希少動物だというのに…。しかし倒せど倒せど小さいアルゴンハートばかり…。取るたびに

チャゴス「なんだよ、これ。ちっちぇえよ!!」

 と言われる始末。



怒りゲージ MIN ■■■■■■■■ MAX  (,,`゚д゚)≡⊃≡⊃≡⊃)`A゚)ノ、;

 しかし、懲りずにアルゴンを狩ってるとついにイベントが!!そうである。誰でもわかるこの展開。ドシッドシッと重い足跡が辺りに響く。絶対(゚∀゚)キタコレ。でかいアルゴンだ。もう間違いない。絶対でかい。

 そう言うことで戦闘開始。ボスの音楽だしもうホント間違いないだろう。まあボスに関しては特筆すべき所はない。すべて通常攻撃だし、よっぽどのヘマをしない限り負ける奴はいないだろう…。

…ということでビッグアルゴンハートをついに入手。無事チャゴスを城まで送り届けたのだった。



チャゴスの失敗
 
 城についたはいいものの、どうも様子が違う…。なんかバザーみたいなのやってる…。売ってるものも今まで見たこともないような高額な武器ばかり。なるほど。これでドルマゲスに挑めと(笑)。よくできてるね。世の中。チャゴスもお祭り好きだったのか、どこかへと行ってしまった。まあアルゴンハートも取ったからうれしかったんだろう。意外と幼いところあるじゃないか(笑)。

しかし…。

 なんとチャゴスが向かった先は闇商人のところ。どうやらこの闇商人。チャゴスの持っているアルゴンハートよりもでかいアルゴンハートを持っているようだ。チャゴスはそれを貰うのが目的のようだ。



ホント悪知恵だけは働くね…。顔の悪い奴は…。

 だが…この光景を城の上からオヤジ(王様)が偶然目撃していたとはこの時点では誰も想像もしていなかった。まあ後にわかることだが、親の気持ちは痛いほどよくわかるね(笑)。
 
 結局約束は約束なので王様から鏡は受け取ったが、王様、酷い落ち込みよう。聞けば、別にチャゴスが自力でアルゴンハートを取ってこなくてもよかったけど、商人から買うのだけはやめてほしかったらしい。…が王様。このことはチャゴスには黙っておくと言う。いつかチャゴスが立派な国王になってくれることを願ってのことだろう。しかし、果たしてこれで良かったのだろうか?


 それにもう一つ。この光景ちゃっかりミーティア姫も見てたんだよ。チャゴス王子(笑)。まあ悪いことをしたら結局自分に返ってくるというのはこのことだろうね。本人はそんなこと知るよしもないけどね。

→→
2005.03.26 / Top↑
冒険記4 … そして伝説へ


ドルマゲスのアジト
 
 一向は北にあるというドルマゲスのアジトへ。ちょっと展開が早すぎる気もするが、もうドルマゲスと戦うみたいである。カジノで既に誰かが退治に向かったと言っていたが、これはドラクエ。そいつらがドルマゲスを倒してしまうはずがない(笑)。まあ行くのはゆっくりでも全く問題ないが、金もないし、カジノで遊べない上、やることも特にないという事ならしょうがない。アポロンのパンチに耐えれるほど強くなってもいない…。まだまだ時期早々である。
 
 うん!?待てよ…。ちょっと待て。そういえばアポロンにチーム呼びでドランゴとだん吉をぶつけてその後に全力で攻撃すれば…もしや? そうか。そして魔神斬りだ!!運良く2発くらい当たれば…。いやいや待て。そういえばベルガラックに毒針が売っていたな。うまく急所を突けば? 

!?

っていうかマヌーサが効けば楽勝ではないか!!…そうこうしている間にドルマゲス島に到着。上陸すると近くに別の船が見える。これが先に向かったという勇者の船だろう。乗り込んでみると勇者、戦士、僧侶、魔法使いのパーティーが洞窟に入れないとボヤいている…。そりゃそうだ。というより前述したようにこれはドラクエなのだ。洞窟に入れたところであんたらの出番はないんだけどね(笑)。
 
 洞窟に入れないという事は鍵でもかかっているんだろうか?まあ魔法の鍵で終了だろうと思っていたら、あっさりと入れたではないか!!しかし中は真っ暗。一体どういうことだ?と思っていたら入り口に戻された。
 どうやら暗闇すぎて進めないからサザンビーグ城へ行って鏡を取ってきて欲しいという事らしい。…なるほどね。納得した。というよりサザンビーグ城には既に行っていたのにね。先に取っておけば良かった…。



サザンビーグ城へ
 
 サザンビーグ城へとルーラで瞬間移動。よく考えるとここは一度来てる…。確かその時は「王子が逃げ出した」なんて騒ぎで城には入れなかった。…が今回は無事入城することに成功。聞けばここの王子は将来的にミーティア姫と結婚する事が決まっているらしいが、どのような青年なのだろうか?まあ今後様々な形で冒険に絡んでくるのは間違いないだろう。

 いろいろ王子の情報を聞いていると、気づけば王の元へ。王子の姿が見あたらないが…?話しかけると「鏡は確かにあるが渡せない」と言われる。

!?

 そうだ。鏡を探しに来たのだった(笑)。ドルマゲス退治が至上命令の財前一行には王子なんかにかまけている暇はないのだ。しかし、これはドラクエ。そんな簡単に重要アイテムをくれるはずがないのはわかっている。一体何をやらされるのかと思っていると、山へトカゲ退治に行けとの命令。巷では、よくある話で王位継承試験のようなものなのだろう。その証を取ってくればいいのだ。そしてそれを王に渡せば依頼終了。鏡を貰えるという寸法だ。

 しかしいろんな言葉が引っかかる。トカゲ退治を王子が嫌がっているとか、王位継承の話になると、樽に隠れていつも逃げ回っているとか… なんか想像してたりりしいイメージとは違う。おかしい…これはおかしいぞ。話から推測すると明らかに駄目駄目王子である。全然格好良くない。だいたい目の前にいる王様もこの王位継承試験はクリアしている。だったらそんなに難しいものではないはずだ。それを逃げ回るとは…。まさかミーティア姫がそんな男を好きになるはずがない。何か理由があるはずだ。ミーティア姫は美女なのだ。美女とは美男子が結婚すると相場は決まっている。

…ん。まてよ…。美女だと?

美女…
はっ!!ま、まさか

まさかコイツ!!。今まで見た目で騙されてはいたが、姫が魔法で変えられたこの白馬…。

 そうである。俺はまだ姫の本当の姿を見ていない。「白馬だから美しい」←この解釈が非常に危ういことに気づく。つまり実物の姫は…。そうとう不細工なんじゃないだろうか…。そうすれば王子が不細工であってもなんら問題はないではないか。



!!
はっ!!そうだ。

 すっかり忘れていた。姫はこのトロデの娘なんだった!!!。トロデの娘…。実際にトロデのホントの姿を見たことはないが、短足で小太りなのは間違いない。というよりそれはトロデーン城の回想シーンでシルエットは確認済み。あれをみる限りそうとう不細工な男と推測できる。

その娘となると当然…・。遺伝子的にも、DNA的にも…限界があるわけで…。

 いや待て…。お母さんだ。いや王女だ。王女が綺麗な人であれば、美しい姫が生まれる可能性はある。もうそれに期待するしかないな…。いや…待てよ。隠し子という可能性も否定できない。そうだ。格好いい王と王女が禁断の恋をしていれば、あるいは…。

 …もうやめよう。_| ̄|○

 これ以上の想像は時間の無駄だと言える。というより王子に会えばこんな事は速攻解決。それですべての謎は解けるわけだ。大丈夫。もう心の準備はできているのだ…。

 王子と姫の容姿は一体…。もうドルマゲスになどにまったく興味のなくなった一行は恐る恐る王子の元へと急いだ…。



チャゴス王子との出会い
 

 城の住民に話を聞くと、どうやら王子は継承式が嫌で部屋に閉じこもっているらしい。トカゲが嫌いという話から、「トカゲが出れば部屋から出てくるのでは?」なんていう話に繋がっていく。この辺がドラクエ。だいたいトカゲごときで部屋から出てくるような奴は王子じゃない。まあとりあえずトカゲを王子の部屋に連れて行けばいいのはわかったがトカゲなんて何処にいるのだろう…。


!!
 
 そうか。トロデだ。あいつを部屋に連れて行けばいいのだ。なるほど。さすがは堀井ゆうじ。きちんと話につじつまが合うようになっているではないか。そういう意味でトロデはあんな格好なのか。なるほど(笑)。ここまで謎を引っ張るとは、只者ではない。そしてトカゲが嫌いでなくても、トロデが目の前に現れたら驚かない奴なんていない。これは一本取られた。
 
 しかし、次なる疑問が俺を襲う…。トカゲがトロデなのはわかったが、一体トロデをどうやって部屋に?…。これは難しい難題である。部屋には鍵が掛かっているし、仲間と話してもトロデはいない。外で話しても駄目。てんでとんちんかんなことばかり話す。…違うのか?トロデじゃないのか?では一体…。

ん?モンスターか?でもトカゲのモンスターなんていたっけな…?

 そうこうしている間に部屋に小さい穴を発見。調べてみると「トッポを穴に入らせますか?」というメッセージが!!。これはどう考えてもトッポを王子の元へ行かせるということだろう。
 「な、なんだと?
     …堀井よ。味なまねを…。しかし、こいつはどう見てもトカゲには…」

 

トッポがトカゲ???
 
 そんな不安はさておき、しばらくトッポで進むとなんとトカゲを発見。こ、こんなところに?王子の不甲斐なさといい、トロデの紛らわしい格好といい、このトカゲの居場所といい…今回ばかりは話が全然読めない。第一こんなところにトカゲがいるなんて誰が想像するだろう(笑)。穴を見つけたのも偶然なのだ。
 で、穴から少し王子を見物。ついに奴の姿が明らかになる…。




(゚∀゚)キタコレ

 強烈(笑)。著作権の問題で写真を公開できないのが残念です。

→→
2005.03.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。